いくつかのサイトを利用してみて良いか悪いかを確認する

これから出会い系サイトに登録をして、セフレを探していく予定なのであれば、まずはいくつかのサイトを利用してみるようにしましょう。
なぜそんなことをする必要があるのかと言うと、それぞれのサイトの良い悪いを確認するためです。

例えば、とある出会い系サイトに登録をして、そのサイトでセフレを探すとします。
しかし実際は、そのサイトはサクラしかいないような、悪質サイトだと分かったとします。

そうなれば、当然ですがそのサイトの利用はすぐにストップしないといけませんが、また別のサイトを探さないといけないわけです。
でも、複数のサイトを一緒にに利用していれば、わざわざ別のサイトを探さなくても、もう一方のサイトを利用すればいいのです。

したがって、面倒な手間を省き、少しでもスムーズにセフレを探すためにも、複数のサイトを利用するのがいいわけです。
3つのサイトを同時に利用し、うち2つのサイトがあまり良いサイトでなかったとしても、残り1つのサイトが優良なサイトであれば、十分にセフレを見つけることができるわけです。

でも、1つのサイトしか利用しておらず、そのサイトが良くないサイトだった場合は、セフレを見つけることは極めて難しくなるのです。
それでは何の意味もないわけですから、常にチャンスがある状態にしておくべきなのです。

もちろん、10や20ものサイトを同時に利用するのは、かなり負担が大きくなるでしょうし、どれも中途半端になってしまう可能性もあるので、あくまでも可能な範囲で利用していけばいいのです。
あまり時間がない人は2つぐらい、それなりに時間に余裕があるなら4つぐらいのサイトを掛け持ちするといいでしょう。

なかなか出会えないのはサクラのせいかもしれない

出会い系サイトでセフレを作るために、相手に積極的にアプローチをしているものの、なかなか出会うことができないと悩む人も多いかもしれません。
もちろん、単純に相手が出会いを拒んでいる可能性もありますが、もしかしたら相手がサクラだという可能性もあるわけです。

当然ですが、相手がサクラであれば出会うことなど絶対に無理ですし、アプローチしても出会いに応じるわけがありません。
サクラは利用者にお金を使わせたり、別サイトへの勧誘をしたりするのが目的なので、なるべく長くやり取りをさせるわけです。

そんなサクラが相手では、100回アプローチしようが出会うことなどできませんから、まずはサクラでないかどうかを疑うようにしましょう。
基本的には、相手のメール内容からサクラかどうかを判断できることが多いです。

例えば、明らかに矛盾するような内容が書かれていたり、話の辻褄が合わなかったり、やけに馴れ馴れしい口調だったりする場合は、サクラの可能性が非常に高いと言えます。
また、やたらと向こうからメールを送ってくるのも、サクラの典型的な手口だと言えるので、そういった部分にも注目するようにしましょう。

そして、もしサクラの可能性大だと判断したのであれば、その相手は見切るようにしましょう。
特に有料サイトであれば、お金をどんどん無駄にすることになるわけですから、一刻も早く見切らないといけないのです。

無料サイトであっても、時間を無駄にするだけの可能性が高いですし、変なサイトに勧誘されてしまいかねませんから、ある程度のところで見切りをつけるようにしましょう。

セックスしたい時に恋人かセフレにするか

どんな人でも大なり小なりセックスしたい気持ちを持っているはずです。
その気持ちが大きくなれば、セックスができるパートナーを作りたいと思うわけですが、ここで2つの選択肢が生じることになります。

1つは、恋人を作るという選択肢です。
恋人を作って、ある程度仲良くなることができれば、定期的にセックスができるようになるでしょう。
もちろん、その前にデートをしたり、一緒に遊んだりして気分を高まらせることもできるので、より楽しいセックスができると思います。

しかし恋人を作ってしまうと、何かと面倒なことも増えてしまいます。
頻繁に連絡を取り合わないといけませんし、あまり気分が乗らないのにデートをしないといけないこともあります。
何より、自分の時間を犠牲にして金銭面の負担も生じるわけですから、それを大きなデメリットと捉える人もいるわけです。

そこでもう1つの選択肢として、セフレを作る方法があるわけです。
セフレの場合は、恋人のようにデートをすることもなく、頻繁に連絡を取り合うこともなく、ただセックスをするだけの関係なのです。
そのため、単純にセックスだけがしたいという人には、恋人よりもセフレの方がいいケースも多いわけです。

しかもセフレであれば、別れるのも非常に簡単ですから、もし恋人ができてしまった時や、仕事の都合などで付き合えなくなった場合も、簡単に別れを告げることができるのです。
ですから、別れをこじらせたくない人にとっても、セフレはまさに好都合と言えるのです。

もちろん、どちらがいいかは人によって違いますから、恋人がいいのかセフレがいいのか、自分でしっかりと考えた上で決めるようにしましょう。

セックスよりも男性と一緒にいたい気持ちが強い

女性視点から見れば、単にセックスをしたい理由で、男性とセフレになろうと思っている女性ばかりではないのです。
そういった単純な理由ではなく、もっと複雑な理由でセフレを求める女性も多いのです。

例えば、ホストに頻繁に通う女性もいるわけですが、もちろん息抜きや楽しい会話を目的に利用する人もいるでしょう。
しかし一方で、ホストでも何でもいいから、とにかく男性と一緒にいたいと思って利用する女性もいるのです。

このような女性は、寂しさを強く感じたり、欲求がより大きかったり、いろんな不安を抱えていたりするのです。
だからこそ、男性と接することによって、癒しや温もりを与えてもらい満たされるわけです。

ただ、どんな女性も恋人がいるわけではありませんし、ホストに通うためのお金があるわけでもありません。
かと言って、男友達では十分に満たすことはできませんし、そういった悩みを抱える女性もたくさんいるのです。

そうなれば、残った手段はセフレとなれる男性と知り合うぐらいしかないわけです。
セックスという形であっても、男性の温もりを感じられるのであれば、手段は厭わないのです。
このような女性にとっては、正直セックスはおまけのような存在で、あくまでもメインは男性と一緒に過ごすことなのです。

男性としても、女性とセックスをすることで、本当にセックスをしたいと思っているのか、あるいは別の理由があるのではないか、何となくでも察することができると思います。
とはいえ、変に女性に対して過剰な気遣いをしてしまうと、セフレの関係を超えてしまう可能性もあるので、そこはしっかりと割り切るようにしましょう。

インターネットのおかげでセフレの難易度が一気に低くなった

昔はセフレを作るのはかなり難しいと言われていました。
なにせ、今のようにネットも携帯もなかった時代ですから、ナンパのような古典的な方法でなければセフレを作れなかったのです。

ただ、それにはかなりの行動力が必要となりますし、会話術や対人スキルなども求められるわけです。
しかも、ご飯をご馳走したりするなど、何かとお金もかかるわけですから、難易度は相当高いと言えたのです。

ところが今は、インターネットという便利なツールがあるわけですから、セフレを作る難易度も一気に低くなったのです。
出会い系サイトや掲示板などを利用して、簡単にセフレ募集をすることができるので、昔に比べると難易度はかなり低下したのです。

しかもネットであれば、人見知りをするようなタイプの人や、異性との会話が得意でない人でも、相手とコミュニケーションを取れるわけです。
基本的には全てメールで会話をしますから、会話力が要求されることもないのです。

もちろん、サイトや掲示板を利用するのに料金もかかりませんし、交通費やホテル代など最低限の出費で済みますから、金銭的な負担もかなり少なくなったのです。

そして何よりも、どんな時でもセフレを探すことが可能になったので、仕事が多忙な人や、なかなか時間を確保できないような人であっても、隙間時間などを利用してセフレを見つけることができるのです。

このように、インターネットが登場したおかげで、単にセフレを作りやすくなっただけでなく、今まで物理的にセフレを作るのが困難だった人にも、十分チャンスが与えられるようになったのです。

Copyright© 2010 安心して利用できるセフレ募集サイト情報 All Rights Reserved.